アーバンランドスケープ(福岡その1)

アーバンランドスケープ(福岡その1)

たぶん、「建築外構」「街の緑」とかの方が分かりやすいかもしれないと思いながら、とりあえずちょっとかっこいい言い回しが無いかと思って、少ないボキャブラリーから引き出したのがありきたりなカタカナです。いずれ何かもっといい言葉を探したいです。

ランドスケープ仲間とのWEB飲みの中で、福岡のまちかど飲みスポット的なところはないかという話の流れから、自粛継続のためあえて集まらず、位置情報公開散歩しつつ各自好きに居心地のいい場所を探すことに。

5/30 とりあえずサンセルコから今泉方面へ散歩しながら気になるみどりをピックアップしてみました。
サンセルコは、建設当時(1979年)緑あふれるステップガーデンを全面に配した先鋭的なビルでしたが、昨今のバリアフリー必須の公共空間づくりに対応できず、また、微妙に繁華街(天神)から遠いため、忘れ去られた場所になっています。でも久しぶりに行ってみたら、なんだかレトロな居心地のいい空間でした。

薬院~今泉~大名あたりは、おしゃれなカフェやショップがあちこちにできてきているようで、緑の使い方が面白い空間があちこちにありました。

5/31 バイクで移動中、ふと思い出してココロガーデンへ。
WEB飲みでお世話になったA氏の所属する DNAさんの最近の作品。
歩き回れる大きな花壇といった雰囲気の空間。多種多様な植栽が楽しめるとともに、周りの雑踏を忘れて物思いにふけることのできる居心地のいい場所でした。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です