AutoCAD LT 2018

AutoCAD LT 2018

LT2013からLT2018にバージョンアップしました。

ついにサブスクリプションです。

乗り換えキャンペーン中で、古いライセンスを差し出せば、サブスクリプション費用だけで乗り換えられる(しかも20%引き)ということだったので、思い切って。

これから毎年更新費用の支払いが生じるのは抵抗があるが、まあ、世の中の流れにはある程度従わないと。

おなじみの起動画面。オブジェクトの形がだんだん意味不明になってきている気がする。

 

カスタマイズした内容はほぼ引き継いでくれるので、操作にあまり戸惑うことはないが、右下の各種設定アイコンがずいぶん増えてる。このあたりは使いながら少しづつ覚えて調整していこう。

毎年チョコチョコ機能が加わったり、操作性が変わったりするのは抵抗があり、数年に一度のバージョンアップでやってきましたが、逆にこれからは毎年少しづつの変化を楽しみながら慣れていくことになるのでしょう。

 

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です